お茶充生活

茶道の日常的な楽しみ方や和室でのマナー、妊娠・育児についてゆるく書いていくブログ

親子で使える熱中症対策グッズ3選

こんにちは、伊織です。

 

梅雨の只中だと言うのに、びっくりするほど暑い日になりましたね。

今後も数日は真夏日が続くというような予報だったので、今回はうちが最近買って重宝している暑さ対策・熱中症対策のグッズを3つご紹介します(*^^*)

 

プレゼントにもオススメなので、是非参考にしてください!

 

目次

 

 

①ひんやり枕パッド(冷感パッド)

 

スミマセン、私が購入したものは雪花柄だったので、同じものを探したら楽天では売り切れ、アマゾンではおそらく同じ物なんですが柄違いしかありませんでした……

 

子どもの寝汗がすごいので、暑さ対策をしようと冷感シーツを買ったところ、あまり涼しくなっている感じがしないなーということでこちらの防水&冷蔵庫に入れる必要がないタイプを試してみました。

 

最初は「こういうグッズって気休めなのかなー」とあまり期待していなかったのですが、使ってみたらめちゃくちゃ涼しい!冷たいとまではいかず、ほどよく涼しいんですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

冷感パッドのいいところはこんな感じ↓↓

・ほどよく涼しい

(長時間使うとだんだんぬるくなりますが、また放置しておけばひんやりに戻ります)

・防水なので汗をかいても拭いたり水洗いできて清潔

・保冷材のように水が出たり冷たすぎたりしないので、タオルで包む必要がない。

 

子どもは結局寝相が悪すぎて、枕サイズのパッドからはゴロンゴロンはみ出していってしまうのであまり意味がなかったんですが(←)、それならばと私が愛用しています。

 

小さいお子さんがいる方の場合は、枕サイズのではなくて大きいタイプの方がよさそうですね。似たような商品で水を入れる布団サイズのものや、ペットサイズの大判の商品もあったので、こちらもよかったら参考にしてください。

 

 

②アイスリング(S、M、Lサイズ)

↑見にくいですが首に着けているのがSサイズアイスリング。

≪サイズの目安≫

Sサイズ…幼児~小学生用

Mサイズ…中学生~大人の女性用

Lサイズ…大人の男性用

ブカブカだと涼感が得られにくいそうです。ただしサイズは目安なので、本人の体型に合わせて購入してみてください。私は身長155㎝標準体型でMを使用していてピッタリサイズ、3歳娘はSで少しゆとりがある、0歳8か月の息子はSでややブカブカ気味という感じです。)

 

最近子ども服のお店などに行くとよく見かけるアイスリング。去年の晩夏にその存在を初めて知って、でもその時にはもう売り切れていたのでずっと気になっていました。

 

首にかけて使える保冷剤的な感じですが、本当に冷蔵だけで冷たさ持続するの?凍傷にならない?とかこれもまた半信半疑でとりあえず子どもの分を買ってみたところ…ものすごく使いやすい!!( ゚Д゚)

 

ということで自分の分も購入して使っていたんですが、遊びに来た母に貸したら母も気に入って、両親の分も購入。今は三世代(+姉親子)で愛用中です(*^^*)

 

 

アイスリングのいいところはこんな感じ↓↓

・冷蔵庫か冷凍庫に入れておけば2~30分くらいで冷え冷えに固まり、1時間は冷たさ持続

(商品の説明には10分ほどと書いてあった気がしますが、冷蔵庫だとキンキンに冷えるまでは2~30分かかります)

・28度前後を維持するため、かなり冷たく感じるが凍傷にはならない

・結露しないので溶けても服が濡れない

・軽いので首の負担にならない、落ちてこない

(子ども用のSサイズは60gとのこと。大人用も重くは感じません。)

・細いので寝るときにつけていても邪魔にならない。

・石鹸などをつけて水洗いできるので清潔

 

このように使い勝手がいいので、我が家では1日のうちの色々なタイミングで使っています。例えば…

 

・0歳息子の授乳時

夏は抱っこしているだけで暑いですが、授乳するときは特に、だいたい赤ちゃんが寝るタイミング=体が熱くなっているタイミング。私自身も装着して涼感を得ると同時に、子どもの首元を冷やせるので、首元を支える私の手も汗をかきにくくなります。

(子どもたちはすぐあせもができるので、汗がつかないのはかなり重要)

 

・幼稚園の送り迎え

幼稚園は自転車で片道10分程度の距離ですが、最近3歳娘が走って登園したがり、片道20分くらいかかるので、軽量かつ落ちない暑さ対策が必須です(^-^;)自転車の時も漕いでいる私はけっこう暑いので、アイスリングを装着しています。

 

・公園遊びや散歩

天気がいい日はだいたい1時間くらい外遊びしているので、長時間ひんやりが持続するアイスリングは重宝しています。

 

・お風呂上りや就寝前

体が火照っている時や寝苦しい夜にも役立ちます。リングは細いので就寝の邪魔にもなりません。

 

という感じで使い倒しています。特に寿命はなく、冷蔵庫などで保存していれば半永久的に使えるそうです。

※対象年齢は3歳からですが、0歳の息子につけても全く嫌がる様子はありませんし、1ヶ月近く使っていますが今のところ健康被害もありません。

 

1つ3,000円前後と、タダで手に入る保冷剤と比べるとけっこう高いのでちょっと買うのをためらいますが…使い勝手や節電効果を考えるとお値段以上なのでオススメです(*^^*)

 

人気の柄・色のものは売り切れるのが早いので、プレゼントなどでデザインを迷っている方は注意してください!ネットで売り切れでも、店舗には在庫があるかもなので探してみてくださいね(*'▽')

店舗では試着ができるところもありますよ〜。

 

③ビニールプール

 

いきなり規模が大きくなりましたが、最後は滑り台付きビニールプール!

 

去年の夏、暑い中公園に連れて行くのが大変すぎたので、「戸建てに引っ越した今年こそ!」と思って友人に出産祝いで頼んだ品です。

 

ビニールプールにもサイズや付属品などが色々ありますが、こちらを選んだ理由は…

・大人1人+乳幼児2人がちょうどくつろげるサイズ

・滑り台がついている

・滑り台の着地点にクッションがある

・USB充電式空気入れとプール下に敷くマットがついている

 

ということです!

 

まずはサイズ。こちらの商品はうちは狭小住宅のためシエンタがものすごく辛うじて停められるくらいの駐車場しかなく、でもできるだけ広いプールで子ども2人を遊ばせてあげたい…ということで、サイズ選びはかなり重要でした。

 

結果的に250×190㎝のこちらの商品はピッタリサイズでした(*^^*)身長155㎝の私+乳幼児2人が十分にくつろげる大きさです。

また、プールを出しても、自転車2台とストライダー、植木鉢8個、園芸や外遊びグッズの収納BOXなどはちゃんと敷地内に収まる&移動する通路スペースは確保できるので生活に支障はありません。

 

次に滑り台。習い事のベビースイミングでも子どもたちが滑り台大好きですし、ただのビニールプールだとすぐに飽きられそうだなと思って滑り台付のを探していました。

 

こちらの商品の滑り台はかなりしっかりしていて、50㎏の私も滑れます(階段部分は怖いのでさすがに乗れませんが)。子どもを抱っこして滑れるか試そうとしましたが、滑り台がかなり危ないへこみ方をしていたのでやめておきました(笑)

 

滑り台付ビニールプールを購入するうえで大事なのがクッション性です。着地点に空気を入れてクッションにする商品は他にもありましたが、それでもやはりお尻が痛いという口コミをよく目にしたので、ビニールプール自体にクッションがついているだけでなく、マットも付属しているこちらの商品にしました。

 

マットはプールよりほんのり大きなサイズで、厚みは2㎝弱くらい?で大きさに対してかなり軽いです。クッション性は抜群で、コンクリートの駐車場で使っても快適。大人の私が滑り台で勢いよく滑っても大丈夫でした(*'▽')

※ただし、膝が先に落ちるとさすがにちょっと痛かったので、大人はうつ伏せ&頭を上にして滑るのはやめておきましょう…笑。普通の滑り方なら問題なしです。危なそうなのでおすすめはできませんが、3歳娘はうつ伏せ&頭を上にした状態でも平気でキャーキャー滑っています。

 

ちなみにマットを干す時は自転車にかぶせるように干しておくとちょうどいいです★

 

最後にUSB充電式の空気入れ。大きなビニールプールを手動で膨らますのは骨が折れるので、電動ポンプは必須です。こちらに付属しているものは説明書きでは充電に数時間かかると書いてありましたが、届いてから充電を始めて1時間ほどで充電がほぼ完了しました。本体も軽いので、持ち運びも余裕です(^o^)

 

プール本体・滑り台・アシカを膨らませるのに全部で10分ほどと、手軽に空気を出し入れできるのは助かります。が、子育て中はその時間すら惜しいので、うちは玄関前の使われていない小さな部屋に膨らませたままで収納しておき、使う前にもう一度空気を少しだけ足して(2~3分程度)います。膨らませた状態でも立てて運べば廊下やドアの出入りは女性1人で十分できますよ〜。

 

水をためてから、天気のいい日なら2時間ほどでだいぶ水温が温かくなります。暑い日なら30分おいたくらいでも3歳児や大人は入れますが、8ヶ月の息子には冷たかったようで泣かれました(;・∀・)触ってみてぬるいな~と思うくらいの温度だと、お座りやハイハイをしている子以上なら充分楽しめます!

 

我が家では6月初旬に届いてから、暑い日は必ずビニールプールを出しています。朝プールに水を張って、午前中は公園遊びや幼稚園で過ごし、午後からプールという流れにしたら、いつも22時くらいまで起きていた3歳娘も21時頃にすぐ寝付いてくれるようになりました\(^o^)/神。

 

 

以上の3点が、我が家で大活躍している暑さ・熱中症対策グッズです。どれも生活必需品ではないけれど、涼しくなれば節電にもなるし、実際買ってみたら手放せなくなっている物たちなので、よかったらぜひ使ってみてください☆

 

ちなみに私はアイスリングは両親だけでなくママ友さんなどへのプレゼントとしても活用しています(*^^*)「興味はあるけど試しに買うにはちょっと高いしな~」と躊躇している人も多いので、喜んでもらえますよ!

 

もうすぐ夏本番。頑張って暑さを乗り切りましょう~!(^^)!

 

 

その他のプレゼントのオススメ記事などはこちら↓↓


 


 

1歳にオススメのプレゼント~5000円前後編⑤ベビー服

こんばんは、伊織です。

 

1歳代にオススメのプレゼント候補、5000円前後編。

 

今回は定番のベビー服

もらう側としても、たくさんあってもあまり困らないですし、

 

贈る側としても予算に合わせて上下セットにしたり、靴下や髪飾り、スタイを加えたりなど細かく値段を調整できるのも贈りやすいポイント。

 

デザインはもちろん個人の好みによりますが、1歳代の成長に合わせた服の選び方のポイントなどを含めてご紹介していこうと思います(^^)

今回は靴下などの小物は省いて、メインとなる服だけにしますね!

 

 

1歳代のサイズは?

1歳0か月の頃の子どもの身長・体重は以下の通りです。

■男の子/身長70.3~79.6cm 体重7.7~11.0kg
■女の子/身長68.3~77.8cm 体重:7.2~10.5kg

 

2歳0か月(~2歳5ヶ月)は以下の通り。

■男の子/身長81.1~92.5cm 体重10.1~14.6kg
■女の子/身長79.8~91.2cm 体重9.3~13.7kg
厚生労働省/平成22年乳幼児身体発育調査報告書より

 

服のサイズにすると、

 

1歳0か月…80サイズ~90サイズ

2歳0ヶ月…90サイズ~95サイズ

 

という感じですね(特別大きい子・小さい子は別ですが)

1歳半でしたら90サイズを買うのが無難だと思います。80サイズまでは赤ちゃんはぐいぐい身長が伸びますが、そこから先はだいぶ緩やかになるため、90サイズは長く使えるからです(^^)

 

また、1歳0か月くらいの子に買うとしても、半袖やノースリーブ、半ズボン、膝丈スカートなどは90サイズで大丈夫!やや長めになりますが、まだお子さんによってはハイハイしている子もいますし(うちの子がそうでした)、歩いていても転びやすい時期なので、ズボンは膝が隠れるくらいが安全性を考えてもちょうどいいです。

 

サイズ的には2歳になっても90サイズならちょうどよく、転ぶ頻度も減ってきますし、夏の暑い時期に涼しい丈で過ごすことができますよ★

 

 

逆に言えば、長袖・長ズボン・ロングスカートを買う場合、1歳0か月だと90サイズはかなりぶかぶかになってしまいます。折り曲げたりして着るのもかわいいですが、袖は手を洗う時やご飯の時に汚しやすかったり、ズボンやスカートのすそは歩いている時に踏んでしまうと危ないので、丈が長い物はピッタリサイズを買うことをお勧めします。

 

それから、自分の子以外の子にプレゼントで贈るとしたら、贈る時期より少し後に着ることを想定したサイズ・季節感の服の方が無難です。というのも、そのシーズンに着る服はもう揃っていることが多いので、着る機会が少なくなってしまう可能性が高いからです。

 

具体的には、半年~1年後に着られるくらいの服がオススメです(^^)

 

 

服のタイプは?

ひと口にベビー服と言っても色々なタイプがありますよね。

 

まずは大きく分けて

 

・上下がつながっているボディタイプと呼ばれるもの →×

・上下が分かれているセパレートタイプと呼ばれるもの →〇

 

があります。

 

ボディタイプはこんな感じ↓↓この上からズボンやスカートを重ねることもあります。 

 

セパレートはこんな感じ↓↓完全に上と下が分かれていて、めくればお腹が見えます。

 

 

1歳0か月以降のお子さんにプレゼントで買うなら、セパレートタイプ一択。

1歳以降はハイハイしたり歩いたりと活発に動く時期なので、基本は動きやすいセパレートタイプを上から着ることになります。

 

季節によっては中にボディタイプの肌着を着せる家庭もあるとは思いますが(うちは娘が1歳頃の春にまだ絶賛ハイハイ中だったので、めくれてお腹が冷えないようにメッシュのボディタイプの肌着+セパレートを着せていました)、プレゼントで肌着を贈ることはあまりないと思うので、肌着ではない普通の服を買うならセパレート一択になるということですね(^^;)

 

 

次に、細かい点を見ていくと……

 

・首回りにゴムやボタンがついている服 →〇

・ついていない服           →△

 

があります。

どういうことかと言うと、80サイズまでのベビー服にはだいたい首回りにスナップボタンがついていて、ボタンを外せば首元がガバッと開いて着せやすいようになっているんですね。または、首元にゴムが入っていて、よく伸びるとか。

 

ボタンがついているものと、首元にゴムが入っているものはこんな感じ↓↓

 

首元が何もなっていない普通の服タイプはこんな感じ↓↓

(ただし、セーター系は編み方によっては伸びやすいものもあります)

 

逆に言えば、80サイズを着るくらいの月齢のお子さんだと、首元が開かないとけっこう着せにくいです。赤ちゃんは頭が大きめですし、ハイハイとかで逃げ回ったりするし。

 

なので、80サイズの服を買う時は、首元の仕様を確認してから買った方が無難です!ネット通販で買う時も、サイズや商品の詳細が書かれている項目に「80サイズまでは肩にスナップボタンがついています」というような表記があるメーカーも多いので。

 

90サイズになると、ボタンやゴムがついている服はほとんどなくなります。が、頭が大きいのも逃げ回るのもあまり変わらないので、ボタンなどがついている、あるいは首元が大きめの服を選ぶとお着替えが少し楽になりますよ(^^;)

 

 服の生地は?

・伸縮性があるもの →◎

・伸縮性がないもの →△

 

服の素材によっては、伸縮性のあるものとないものがありますよね。

1歳代の赤ちゃん用に買うなら、間違いなく伸縮性があるものを買った方がいいです。そうでないと、お着替えの時にどうしても赤ちゃん側が服に合わせないといけない、つまり服を引っ張るのではなく赤ちゃんの腕などを引っ張らないと着られないからです。

 

自分で「ここに腕を通す」などがわかってくる年齢なら、伸縮性がない服でもなんとか着られるかもしれませんが、1歳代ではみんなそんなことはわかりません。ただでさえお着替えは月齢が上がるほど抵抗されやすいのに、腕を引っ張ったりなんかすると非常に嫌がります。当たり前ですが。

 

なので、おしゃれ用の服でそんなに毎日着るものではないとしても、伸縮性があるかどうかはお子さんのためにも重視してください(^^;)

 

女の子ならやっぱりワンピース!?

これはその子の成長によって大きく変わってくるところです。

 

・もう歩いている子→ワンピースでもOK。すぐ着られる。

・まだハイハイの子→ワンピースは動きにくいので着せる機会が少ない。

 

という判断基準になります。

かわいいのでつい買いたくなりますが、ハイハイの子にワンピースを着せて児童館なんかに行くと、そこでお世話をしてくれている保育士さん的な人たちにだいたい「今度からは上下分かれた服の方がいいですよ、動きにくそうにしているので」と言われます。

 

自宅ではもちろん動きやすさ重視の服装をさせる家庭が多いと思うので、そうなるとワンピースを着せるのはベビーカーなどでのお出掛けの時のみ。そうなると、いつ頃から歩き始めるかにもよりますが、しばらくはワンピースを使える機会がかなり少なくなります。

 

なので、もう歩いている子に贈るならセパレートのスカートでもワンピースでもなんでもありなのですが、

 

まだハイハイの子に贈る場合は、半年後以降に着られる季節感のワンピースにするか、早く着てほしい場合にはセパレートのスカート(丈が短いものはレギンスがセットだと使いやすい)、あるいはズボンがオススメです。

 

 終わりに

 

さて、今回は1歳代に贈るベビー服の選び方のポイントをご紹介しました。

 

サイズに関しては、自分のお子さんならもちろんわかっていると思いますが、よそのお子さんに贈る時はあらかじめ何サイズがいいかパパママに確認してからの方が無難です。(だいたいの基準はこちらの記事にも書きましたが、その子の体型によって変わる部分も大きいので……)

 

せっかく贈るなら長くたくさん使ってもらいたいですものね。よかったら参考にしてください(^^)

 

 

その他のプレゼントオススメ記事はこちら↓↓

 

 

 

 

1歳にオススメのプレゼント~5000円前後編④オルゴール

こんばんは、伊織です。

 

 

1歳代におすすめのプレゼント、5000円前後編。

前回までは靴を色々紹介してきましたが、今回は趣向を変えて

 

オルゴール 。

 

これを いくつか紹介したいと思います(^^)

 

小さい子どもってオルゴールなんか興味あるの……?と思う方もいらっしゃると思います。というか私が思ってました。耳にはよさそうだけど、親が聴かせたいだけで終わるのではと……

 

しかし、意外にもオルゴールは1歳代の子どもたちにウケがいいです!!

 

実家にある、座っている犬がくるくる回るタイプのもの(曲は「となりのトトロ」を娘が気に入って何度も回してほしがったため、1歳半頃にクリスマスプレゼントとして父が贈ってくれたのがこちら。 

うちが持っているのは「エリーゼのために」バージョンですが、物は同じです(^^)箱を開けると箱の内部?とフタの裏が鏡になっていて、内部側の方は磁石になっているようで、お人形さんを立たせることができます。

 

そしてゼンマイを回して曲を流すと、お人形さんがくるくるとバレエを踊りだすという仕組み。初めて見た時は私自身が「おお~凝ってる!!」と感動しました(笑)

 

娘も最初はお人形さんのダンスを見ながら「くるくる~」と楽しんでいましたが、そのうちお人形さんが立つ場所と立たない場所がある(内蔵されている磁石が動くため)ことを発見し、色々なところに立たせてみたり、

 

箱を開けたり閉じたり、裏側を見てみたり……という感じで興味津々でした。

もらってから半年以上経つ今でもよく鳴らしていますし、遊びに来る同学年のお友達にも大好評で、みんな何回も鳴らしたがります(^^)

 

少し驚いたのは、あまり音楽に興味がなさそうと言っていた男の子も、このバレエ人形のオルゴールにハマっていたこと。

 

うちの子含め、小さい子ってけっこう物を投げたりぶつけたりしがちですし、このオルゴールは外側は木箱で頑丈そうですが(それでもぶつけたら傷はつきそう)、鏡もあるしお人形は細いしで、すぐ壊さないか心配だったのですが、

 

意外にもみんな聴き入ったり、人形やゼンマイが回るのをおもしろがったりする方に夢中で、今のところ乱暴に扱われたことはありません。

 

音楽が鳴るだけではなく、見た目にも変化があるのがよかったのかもしれないなと思います。

 

同じ理屈で、こういうのもたぶんウケがいいだろうなと思うので、うちが持っているものではないですが参考に載せておきます↓↓

 

 

さらに、娘がバレエ人形のオルゴールを気に入ったと聞いて、2歳の誕生日に父が買ってくれたのが、陶器のピアノ型オルゴール。曲は「ノクターン」です。

 

アマゾンでは陶器製のものがなかったのですが、ミニピアノを持っていて音楽好きの娘には、リアルなピアノの見た目をしたオルゴールもうれしかったよう(^^)

 

鍵盤が動かないのは残念がっていましたが、それでも何回も私や旦那のところに持ってきてゼンマイを回してほしがります。そして、全体が陶器製なのでやはり壊さないか不安でしたが、今のところはおとなしく使ってくれています。

 

(イヤイヤ期に入ってから、機嫌が悪い時には物を投げたり暴れたりするので、危険を感じたらオルゴールを含め危ない物は即座に避難させるようにしていますが。)

 

 

曲選択に関しては、エリーゼノクターンも小さな子どもには渋いのでは?と思うかもしれませんが、案外童謡やジブリのようないかにも子どもウケがよさそうな音楽じゃなくても、楽しんでくれるようです。

 

私はピアノを習っていたものの、当時はJーPOPやジブリばかり弾いていたためか、クラシック曲はほとんど知らないしコンサートとかで寝てしまう人間になってしまったので……娘はこういったオルゴールなどでの遊びを通して、小さいころからクラシック曲にも多少はなじんでくれたらいいなと思っています(^^;)

 

うちのと同じものではありませんが、参考までにリアルなピアノの商品を載せておきます↓↓

 

余談になりますが、このまま娘が音楽好きで、かつそのうちジブリとか好きになったら、買ってもいいな~と思ってるのがこちら↓↓

『耳を澄ませば』のバロンのオルゴール。映画のバロンそのものっぽくてかわいいですよね(^^)

 

値段がかなり高いし、大きさもそこそこあるので、ちょっと1歳代へのプレゼントには向かないかもしれませんが……ジブリ好きな方はよかったら参考までに★

 

 

さて、今回はオルゴールをご紹介しましたが、アマゾンだとびっくりするほどオルゴールのラインナップ少ないことに気が付きました(笑)

 

かわいいオルゴールは楽器屋さんなどにも売っていたり、あと観光地にはよくオルゴールショップがあるので、そういうところで購入するのも記念になっていいと思います(^^)

 

この河口湖の美術館内にあるオルゴールショップはかなり大きくて、製作体験などもできるので人気ですね。娘が4ヶ月くらいの時に行ったので、すぐ泣いてしまってあまりゆっくり商品を見られませんでしたが、お庭もきれいですし、定刻になると仕掛け時計などが音楽を鳴らしてくれるので、ただ園内を歩くだけでも楽しかったです。参考にどうぞ★

kawaguchikomusicforest.jp

 

その他、オススメプレゼントの過去記事はこちら↓↓ 

 

teacere.hatenablog.com

 

1歳にオススメのプレゼント~5000円前後編③靴:イフミ―

 

こんばんは、伊織です。

 

1歳におすすめのプレゼント、5000円前後編。

ここまで

プレシューズでアティパス

・ファーストシューズでミキハウス

 

を紹介してきましたが、

今回は「イフミ―」

のレビューを書いていきます(^^)

 

目次

 

 

 

 

イフミ―とは

イフミ―(IFME)はミキハウスとは違い靴のみを作るメーカーです。

私の場合、子どもが靴を必要とするようになってから色々調べているうちに初めて知ったメーカーなのですが、似たような人のためにHPから紹介文を引っ張っておきますね(^^)

 

イフミー早稲田大学スポーツ科学学術院鳥居俊研究室と株式会社丸紅フットウェアが協同で開発した子どもぐつ。誕生以来20年
子どもの足の健全な育成をサポート」を変わらないコンセプトとして、さまざまな高機能子どもぐつをうみ出してきました。
足の筋肉が力を発揮しやすい構造、土踏まずのアーチ形成を促進するカップインソールなど、歩きやすさ、快適さに加えた充実の機能でお母さん方の圧倒的な支持を獲得。
 (※IFMEのHPより引用)

 

イフミーの魅力は何と言っても

1、デザインが豊富

2、足のことを考えた機能が備わっている

3、安価!!

 

3点のバランスが非常にいいんですね。

 

子どもの興味に合わせて選べる豊富なデザイン

まずデザインで言うと、普通のベビーシューズだけでもシンプルなものからコラボデザインまで幅広くあります。うちが実際に購入したのは、画像でも載せている小花模様のピンク色。「IFME LIGHT」という軽量シリーズのものです。

 

買ったのが春だったので春らしいデザインのものにしたかったのと、娘が2歳になる頃くらいからお花に興味を持ち始めたのが理由で選んだのですが、ちょっとした誤算が……

 

以前から使っていたミキハウスの赤い靴がサイズアウトする前に、フライングで誕生日プレゼントとしてイフミ―の靴を買ってしまったので、娘に見せるだけ見せてしばらくしまっておこうとしたところ、娘がかなり気に入ってしまい、「ピンクのくつ!」「おはなのくつ!」という感じでしばらく赤い靴を履いてくれなくなりました(^^;)

 

「今日はお花の靴は洗ってるところだから、赤い靴にしようね」などと理由をつけて赤い靴を履かせているうちに両方履いてくれるようになりましたが、何か好きなものができた子はそれへのこだわりがすごいんだなと実感しました。

 

 

1歳代になると早い子は電車が好きとかミニーちゃんが好きとかの好みがはっきりわかってくる子もいますから、コラボ商品を含め、豊富な色・柄から選べるのはうれしいですよね(^^) 

 

機能性・安価

娘は歩き出しも喋りだしも遅め(1歳5ヶ月頃)で、その後お喋りはぐいぐい発達したものの、運動能力の成長は相変わらずのんびりしてきました。

 

すでに走ったり階段をすらすら昇降できたりと自在に動いている子であれば、もう足がしっかり発達しているということでしょうからそこまで靴の機能を気にしなくていいかなと思うのですが、イフミ―購入時の娘はまだ走るのも階段も危なっかしい感じだったので、機能性の高い靴がいいなと思って探していたところ、見つけたのがイフミ―でした。

 

もちろん、それまで使っていたミキハウスも機能的には何の落ち度もなかったですし、機能性・品質でいうなら有名スポーツブランドなどが出しているベビーシューズだって間違いないと思います。

 

が、高い。機能が充実してる靴はだいたい値段も充実していて、これを半年に1回以上のペースで買い替えると思うと、なかなか家計には負担です。

 

その点、イフミ―はちゃんと研究されて作られていて、またその機能がHP上でどういう効果があるのかなど丁寧に説明されているので、初めて知ったメーカーでしかも実物を見たわけではなかったのですが、信頼がおけそうだと思いネット購入(口コミは事前に色々確認しました)。

 

ちなみに私が特に重視したのは土踏まずの形成をサポートするというところ。昔スポーツをしていたころ、接骨院の先生に「偏平足だね、疲れやすいでしょ。」と言われたことがあるので、偏平足対策になるかなと思いました。

 

実際使ってみても、機能性には優れていると感じました。軽量シリーズだけあって非常に軽いですし、使い始めから3ヶ月経つ今では娘もスイスイ階段を昇降し、購入当初とは比べ物にならない勢いで走っています。

 

靴底のクッション性や、かかと部分などの生地の肌当たりの良さはミキハウスには若干劣りますが、今のところ短い靴下、あるいは素足で履いていても肌荒れはしていません(素足で履くとすぐ臭くなりますが……笑)

 

季節ものを買うのにもよい

イフミ―のデザイン・機能性・値段のバランスのよさは、季節ものを買うのにも適していると言えるでしょう。

 

ブーツやサンダルのような履く季節が限られている物は、サイズ的に問題がなくても気温や見た目の問題が出てくるため、実際に使える期間は3~4ヶ月くらいですよね。

 

3ヶ月のために高い靴を買うのは少しもったいない気がするし、かといって真夏・真冬を普通のスニーカー系の靴だけで過ごすのも……という場合には、イフミ―のサンダル・ブーツはおすすめです。

 

私が特にいいなと思ったのはサンダル。うちが買った物は店頭で見つけたアプレレクールのコラボ商品で、アマゾンでは見つからなかったのですが、形は下のが画像と同じです↓↓

 

 サンダル

 

まだ興味があるところに好き勝手歩いて行ってしまう歳の娘なので、あまり足が出る形のサンダルだと脱げてしまったり、とがったものが落ちていた時に足を怪我しやすいのが心配でした。

 

また、ビニール生地のサンダルは見た目は涼し気ですが、私自身が足が痛くなったり肌荒れしやすいので、子どもにも履かせたくない。

 

そう思って探していたところ、イフミ―のこのタイプのサンダルは足がある程度覆われていて、なおかつ風が通るので、安全性と涼しさ両方確保できます(^^)もちろん見た目もかわいい。

 

女の子なら少しフリルのついた靴下を中に履いてもかわいいですし、それによって少し履ける季節が長くなります。幼稚園にもそのまま行けますし。

 

生地は普通の靴と同じなので、素足で履くとやはりすぐ臭くなるのは難点ですが……風が通りやすい分乾くのも比較的早いので、こまめに洗えばワンシーズンくらいはまあ我慢できるかな、という程度の手間。

 

暑くなってきてからは普通の靴と併用してヘビロテしてるので、3~4ヶ月だとしても充分に元が取れていると思います(^^)

 

そういうわけで、うちは季節ものは今後もイフミ―での購入を考えています。ブーツはまだ今の季節だとデザインがベーシックなものに限られているのですが、もう少し寒くなったらコラボ商品などもう少し出てくるかな?と期待して待っているところ。

 

値段はコラボ商品でもそんなに大きく変わらないと思うので、よかったら参考にしてください↓↓

 

ブーツ

 

 

ここまで、3回にわたり靴の紹介をしてきましたが、次回からは靴以外で書いていこうと思います(^^)

 

プレゼントのオススメ、プチプラ編もありますのでよかったらこちらもどうぞ↓↓

teacere.hatenablog.com 

 

 

1歳にオススメのプレゼント~5000円前後編②靴:ミキハウス(ホットビスケッツ)

こんばんは、伊織です。

 

前回に引き続き、1歳にオススメの5000前後のプレゼントとして、靴を紹介していきたいと思います(^^)

 

前回の記事で靴を買う時の注意点と、プレシューズを紹介していますので、未読の方はそちらも参考にしてください↓↓

ファーストシューズ:ミキハウス(ホットビスケッツ)(約5000円)

 

今回はファーストシューズです。

ミキハウスでは、子どもの成長段階と適応する靴の種類を次のように分類しています。

 

・歩き始め前後…プレシュー

・歩き始め~よちよち歩き…ファーストシューズ

・飛んだり走ったりできる頃…セカンドシューズ

 

もちろん、必ずしもこの通りに買い与えないといけないわけではないと思います。立ち上がってから歩き始めが早かった子なんかだと、プレシューズなしでいきなりファーストシューズを買うということもあり得るのではないでしょうか。

 

うちは前回の記事でも書いた通り、アティパスをプレシューズとして使っていて、サイズアウトや諸々の理由からファーストシューズはアティパスではない普通の靴を買いました。

 

それがミキハウス(ホットビスケッツ)のファーストシューズ。デザインも色々あるのでいくつか載せておきます。

 

 

ミキハウスは靴だけでもたくさんのラインナップがありますが、このかかと部分に小さなクマがついた商品を選んだ理由としては、

 

・娘が1人で歩き始めた頃なので、安心できるメーカーがよかった

ミキハウスの中でも安価だった

・ホットビスケッツのシリーズの中ではシンプルなデザイン

 

赤ちゃん本舗などで見ていると、似たようなデザインでもっと安価な靴はたくさんあったのですが、実際に触って比べてみると、ミキハウスのファーストシューズはあきらかに靴底のしなりがよく、アッパーの部分の肌触りがよかったです。

 

ネットなどで調べていたら、赤ちゃんの歩き方や足の形は大人と違うので、歩行や足の成長、自分で脱いだり履いたりするのを阻害しないために

 

1、つま先部分が上に少し沿っている

2、足の指部分に向けて広くなっている

3、靴底全体のしなりがいい

4、着脱しやすい

 

という条件をそろえた靴がオススメということがよく書かれていたのですが、ミキハウスの商品はさすがにこれらすべてをしっかり兼ね備えているなと感じました。

 

1~3はメーカー品ならだいたい備わっている特徴ですが、のちに別のメーカーの靴も買うようになって、特にこの商品が優れていたと思ったのは、4の「着脱のしやすさ」です。

 

マジックテープで留める部分がガバッと大きく開くので、非常に履かせやすい。

 

また、この靴を履くようになって数か月後には娘が何でも自分でやりたい時期に突入したのですが、1歳8ヶ月頃の娘の力でもマジックテープ部分がはがしやすく、全体が柔らかいので、座って頑張って足をもぞもぞさせていれば1人で脱ぐことができました。履く時も、マジックテープ部分が開いた状態にしておいて、体を支えてあげれば自分で足をすんなり入れられました。

 

それから、アッパーの肌触りのよさもポイント。

 

私自身が肌が弱めなので、服や靴を買う時には肌触りを重視するのですが、娘は私以上の敏感肌体質。スニーカーソックスなど短い靴下を履いた時にくるぶし周りに当たる靴の生地が当たって痛かったり肌が赤くなってしまうようなものは避けたいと思っていました。

 

その点、ミキハウスは肌触りやアッパー全体の柔らかさが絶妙。買ったときは冬で長めの靴下を履くことが多かったですが、暑い季節になり(8ヶ月くらい足のサイズが変わりませんでした)短い靴下を履くようになっても、肌トラブルなどはありませんでした。

 

品質がいいのは間違いないのですが、さすがに数か月で履かなくなる靴で、しかも洗い替えのことを考えると8000円は出せない……と思っていたら、ホットビスケッツシリーズを5000円以内で見つけたので、これに決めました(^^)

 

※うちは娘は1人歩きを始めてからは、洗い替えや状況に合わせて選ぶために、常時3種類の靴をそろえています。

 

1つは普通の靴

1つはブーツやサンダルなど、季節のもの

1つは長靴

 

普通の靴は乾くのが遅いので、雨の日や砂遊びをするとわかっている日は長靴着用。季節ものは使える時期が短いので、普通の靴に比べるとやや予算を落としています。基本は普通の靴を履いて、特別寒いまたは暑い時期は季節もの、という感じで使い分けています。

 

そういうわけで、私のようにあまり靴にお金をかけられないけど、品質のいいものを買いたい……という方には、ミキハウスのホットビスケッツの商品はオススメです!

 

今現在うちの娘は次の記事で紹介する別のメーカーの靴を使っているのですが、次の買い替えのタイミングとその時売られているデザインによっては、普通の靴ポジションはまたミキハウスに戻そうかなとも検討中です。

 

(足のサイズがびっくりするくらい成長しないので、買い替えは当分先かもしれませんが……3ヶ月くらいでサイズ変わるってよく言われてますが、それをうのみにして先回りで大きなサイズの靴を買うと、うちみたいにしばらくお蔵入りになるので気を付けてください笑)

 

 

それでは本日はここまで。

他のおすすめプレゼントの記事もよかったら参考にどうぞ★(^^)↓↓

 

 

 

1歳にオススメのプレゼント~5000円前後編①靴:アティパス

こんばんは、伊織です。

 

前回までは3000円前後のプチプラプレゼントを紹介してきましたが、今回からは5000円前後のプレゼントです(^^)

 

第一弾の今日は、赤ちゃん用の靴。

うちが使ってきたものの中でのオススメを、レビューとしてご紹介したいと思います!

 

が、1つ目だけで記事がそこそこ長くなってしまったので、今回は1つだけ。。。

このアティパスという商品をご紹介します↓↓

 

 

目次

 

 

注意点:1歳頃の赤ちゃんの成長の幅

赤ちゃんの靴って、小さくてかわいいですよね。私なんかは結婚すらしていない頃から、子ども服や靴のコーナーを見るのが好きで時々見ていました。

 

ただ、実際に買うとなるとまず前提として注意しておかなければならないのが、赤ちゃんの成長の幅です。

 

1歳代の赤ちゃんの平均的な成長度合いは以下の通り。

 

1歳頃…立ち上がる子が多い。すでによちよち歩いている子もいる。

1歳半頃…ほとんどの子がよちよち歩きができる。

 

という感じです。

うちの娘は全体的に遅めで、初めて自力で立ち上がったのが1歳3ヶ月、歩き始めたのは1歳半近くになってからでした。

しかしよく遊ぶお友達は1歳前後ですでに歩いていたという子がほとんどで、1歳代までの成長スピードにはかなりの個人差があることがわかります。

 

そして赤ちゃんの靴は、メーカーによっては

・歩き始め前後…プレシュー

・歩き始め~よちよち歩き…ファーストシューズ

・飛んだり走ったりできる頃…セカンドシューズ

 

という感じで細かく分けているほど、段階によって適した形・硬さなどが違います

自分の子どもならどの段階にいるのかがよくわかっていると思いますが、友人や親せきの子どもにプレゼントする場合などには、どの成長段階にいるのか、あるいはどんなタイプの靴が欲しいのかを事前にヒアリングした方が間違いないでしょう。

 

では、成長度合いが違うよーということを頭に入れた上で、うちが使っていた靴でオススメできるものをご紹介していきたいと思います(^^)

今回はこちら↓↓

 

プレシュー :アティパス

アティパスは、靴と靴下が一体化しているタイプの靴。靴底部分がラバー素材でできていて、通気孔が開いています。上の部分(画像では白いところ)は伸縮性の高い布でできています。

 

すでによちよち歩きがだいぶできる子というよりは、立ち上がり~歩き始めくらいの子が靴の練習として使う、あるいはプレ幼稚園などの上履きとして使うのがオススメです。

 

というのも、特殊な靴ならではのメリットデメリットがあるため。

そちらを書いておきますね。

 

アティパスのメリット・デメリット

【メリット】

・デザインが豊富で被りにくい

・値段が比較的安め

  (デザインによって、2000~3000円代)

・洗いやすく乾きやすい

  (秋冬でも、夜洗って外に干せば次の朝使えるくらい)

・軽いし、潰しても型崩れしない

  (持ち運びには最適)

 

★何かと荷物が多くなりがちな子連れでの移動の際、汚してもすぐ洗える(洗い替えを持ち歩く必要がない)、軽くて型崩れしないという点はけっこう便利です。帰省先の北海道に持っていった時にもかなり重宝しました!

 

【デメリット】

・靴底は通気孔があり、布も薄いので、寒い時期には不向き

 (中に靴下を履くことも一応できますが、かなり見た目がモコモコします……)

・水や砂がものすごく侵入する

 (これも通気孔のせいだと思いますが、砂場などに少し入ると足が砂だらけになります。舗装された道などなら全然問題ないです。)

・基本的に靴下なしで履く靴なので、臭いがしやすい

 (洗えば戻るのですが、暑い日やたくさん歩いた後はちょっと足と靴が臭います。臭いの程度は、口コミを見ると男の子の方がきついみたいです。)

 ・靴底のクッション性はあまりないので、段差とか歩けるようになったらちょっと痛かったりしそうだなという印象

 (別に娘が嫌がってたわけではないので、あくまで私から見た印象ですが)

 

最初にアティパスを選んだ理由

うちが最初に娘に買ったのはアティパスです。その理由は、

 

・デザインと値段がいいなと思った

 (画像のD.Fesenseコラボの商品に一目惚れしたのと、子ども靴は使う期間が短いと聞いていたのであまり高い物は買いたくなかった)

 

・購入時(立ち上がって少しした頃)は8月で、寒さを気にする必要がなかった

 

・歩き出すのが遅かったので、家で履いたりして靴に慣れる練習としてちょうどいいかなと思った

 

という感じです。

外で使ったのは10月末からで、最初はつかまり歩きを少し練習させる程度でした。1人で歩き出した11月末からは、上記のデメリットや足のサイズが大きくなってきたことが理由で、この後紹介する普通のタイプの靴に買い変えました

 

娘は購入時期的にも成長度合い的にも、最初に買った靴がアティパスでちょうどよかったと思います。

ただし、もし次の子に初めて靴を購入する時期が寒かったり、その子の歩き出しが早かったりしたら、別記事で紹介するような普通のタイプの靴を買うと思います。

 

なので、プレシューズとしてオススメはオススメなのですが、購入時期と成長度合いを考慮して買うようにしてくださいね(^^;)

 

私の母がだいぶ歩けるようになった段階の甥っ子にアティパスを買ったところ、午前も午後も畑で泥遊びをしたいような子だったのでさすがに洗うのが追いつかず、あまり使ってもらえなかったそうです……結局長靴を買い直したとか。

 

 

※ちなみにアティパスと同じタイプの靴で、ベビーフィートという商品もあります。

機能に大きな違いはないですが、

・サイズ展開が微妙に違う

・値段が全体的にベビーフィートの方が若干安め

という点が異なります。

 

ほぼほぼ、デザインの好みの問題ですね(^^)

なので一応両方載せておきます。上段がアティパス、下段がベビーフィートです。

 

 

 さて、次回はファーストシューズをご紹介します(^^)

 

3000円以内のプチプラプレゼントの過去記事もよかったら参考にしてください↓↓
  

teacere.hatenablog.com

 

1歳にオススメのプレゼント~3000円以内編⑥ボードブック

こんばんは、伊織です。

 

1歳代にオススメのプレゼント、プチプラ編は一旦今日で最後。

 

最後はボードブックです!

 

ボードブックとは絵本の中でも、素材が分厚くて水に強いため、簡単に折れたり破れたりしわしわになったりしない丈夫な絵本のこと。

 

1歳代だとまだ物を舐めたり噛んだりしたがる子もいますし、そうじゃなくても普通の絵本だと少し目を離したすきに八つ裂きにされていることがあります(遠い目)。

 

それに対して、常に気を張っていなくても自由に読ませて(遊ばせて)あげられるボードブックは、お子さんは楽しいだけでなく、親の負担も軽減することができるという優れもの。

 

もちろんその分少し厚みが増すので場所はとりますが、あくまで絵本なので収納は立体的なおもちゃに比べて楽ちんです。それに、お気に入りの絵本は1年以上経っても読みたがったり、最初とは違うところに着目して読むようになったり、お子さんの成長も感じられるのも絵本ならではの楽しいポイントです。

 

今回はそんなボードブックの中で、娘の大のお気に入りを1冊ご紹介します。

 

 『あおいよるのゆめ』(約2000円)

もともとはイタリアの絵本のようですが、これは日本語版。

仕掛け絵本になっていて、指でスライドすると空に満天の星が現れたり、おうちに明かりが灯ったり、お花が咲いたり……

 

うちはこれを娘の1歳の誕生日に買いました。最初はまだ指の力が足りないのと仕組みがわかっていないので、親がやって見せてあげる形でしたが、

 

「1,2,3…じゃじゃーん!」(星などを出す)

「3,2,1…しゅーん!」(星などを消す)

カウントダウンや効果音を交えてパッと星や花を出したり消したりすると、娘もニコーッと顔を輝かせて喜んでいました。そのうち指の力がつくと(1歳2ヶ月くらいかな?)自分でもカウントダウンしながら遊べるようになって、ちょっとした数字の勉強にもなりました(^^)

 

さらに、星のページでは「きらきら星」、チューリップのページでは「チューリップ」、船のページでは「海」など、絵柄に合わせて歌を歌ってあげながら、物を指差していると、物の名前を音楽と絵で印象付けることもできます

 

娘もしゃべり始めるよりずっと前から、私が歌っているのに合わせて

「月が昇るし日が沈む~」→太陽

「海は大波、青い波~」→波

「海にお船を浮かばせて~」→船

というように、ちゃんと指差すことができるようになっていました(^^)

 

2歳近くになってもこの本はお気に入りで、今でも自分でカウントダウンしたり、歌ったりしながら遊んでいます。

f:id:teacere:20210818212020j:plain

 

また、同じ歳の男の子がいる友人が、1歳4ヶ月頃に「息子が全然絵本に見向きもしなくて……」と悩んでいたのでこちらを勧めたところ、なんと自分から仕掛けを動かして楽しんでくれたそうです。

 

文字も少ないので、絵本苦手なお子さんが絵本に興味を持つ入り口としてもいいかもしれませんね。

 

色使いも鮮やか、かつわかりやすい絵柄でありながらオシャレな絵本なので、絵本ラックなどに飾っていてもインテリアを邪魔せずかわいいですよ★(うちは絵本ラックないので普通に本棚に入れてますが……ラックがあったら飾りたい一冊です)

 

ちなみにこれのシリーズで、『ようせいたちのもり』という同じようなスライド式仕掛け絵本もあるのですが、何故かアマゾンでは画像がこんなことになっていました(笑)

値段も同じだし、口コミを見る限りはちゃんと『あおいよるのゆめ』と同じ形式のボードブックだと思うのですが、念のために書店などで買うか、別のネット通販サイトを利用して購入する方がいいかもしれません…

本来はこういうかわいい絵柄です↓↓

f:id:teacere:20210818210508j:plain

 

仕組みは『あおいよるのゆめ』と同じですが、絵柄の細かさなどを考えると、こちらの方が少しだけ対象月齢高めかな?という気がします。もちろん興味の持ち方はお子さんの好みや成長の速さなどによってだいぶ左右されると思いますが……敢えて順番をつけるなら、先に買うのは『あおいよるのゆめ』がオススメです。

 

 

絵本のオススメはボードブックもそれ以外も含めてたくさんあるので、もっと紹介したいところですが……果てしなく長くなっていきそうなので、また別の記事で紹介しようと思います。

 

この他のプチプラプレゼントのオススメ記事はこちら↓↓